<< 福島、鳩山どうなるのか? | main | やはり弊害が大きかったようですね。 >>

スポンサーサイト

  • 2012.09.12 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


何でそう動くのか?

何でそう動くのか?

ニューヨーク株式相場は、中国政府がユーロ圏債券の保有高を減らすとの報道が否定されたため、欧州の信用不安が和らぎ、急反発したそうです。

1日当たりの上げ幅としては今年2番目の大きさになっています。

世界最大の外貨準備保有国である中国がユーロ資産を削減するとの英紙報道は、前日引け際の米株安要因となりました。ところが翌27日、中国国家外貨管理局は「全く事実無根」との声明を発表、そのため上昇したようです。

いったい何なのでしょうね?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100528-00000026-jij-brf

小池幸二の世界最新ゴルフ上達プログラムを検証する!
勢口秀夫のS「21世紀脳機能最新腰痛解放プログラム」腰痛の真の原因はこれだ!
スコット・ペリーの英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワーTOEIC」の口コミ
浜畑太の浜畑流ウィンドミル上達術の評価は?
川村明宏の14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye”は本当か?
JUGEMテーマ:ビジネス情報



スポンサーサイト

  • 2012.09.12 Wednesday
  • -
  • 07:39
  • -
  • -
  • -